ラジエーションハウス

「ラジエーションハウス」3話のネタバレあらすじと感想。親子の絆に涙!

フジテレビ系列月9枠で放送中の「ラジエーションハウス」第3話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

今回は、山口紗弥加さん演じる黒羽たまきに乳がんの疑い?マンモグラフィー検査にまつわる話です。

それではネタバレあらすじをどうぞ!

「ラジエーションハウス」3話の概要・ネタバレあらすじ

甘春総合病院の放射線科で働く黒羽たまき(山口紗弥加)は、食生活に無頓着でいつもカップラーメンばかり。ドラマ3話は、たまきがカップラーメンをすする場面からスタートします。

乳がん検査の一つ、マンモグラフィを行うたまき。広瀬裕乃(広瀬アリス)は患者の手を取りながら撮影の案内をし、たまきはモニターを見て写真の写り具合をチェックしています。裕乃は緊張する患者を和ませようと雑談しますが、たまきは「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と厳しく叱ります。

患者の名は葉山今日子(内山理名)。母と祖母が乳がんになっていた今日子は、結婚前に安心しようと検査を受けに来ていました。検査の結果、日本人女性に多い「デンスブレスト」であるとわかります。乳腺の密度が濃いことで病変を見つけにくいと言われますが、それ自体は異常ではありません。読影した杏は疑問を持つものの、鏑木(浅野和之)に押し切られ、レポートに「異常なし」と書き込まれてしまいました。

たまきは杏の元を訪れ、ある患者のマンモ画像を読影してもらいます。
杏は「右胸に影が見えます。でも撮影のしかたが不十分なので、再検査をおすすめします」と言い、患者は誰かを問いました。たまきは「友達の」と言ってすぐに去ってしまいました。

一方、今日子のマンモ画像を見て考え込む唯織。母と祖母が乳がんだったことを知って、今日子を追いかけます。病院の外でバスに乗ろうとしていた今日子を引き留め、超音波検査を受けることを勧めました。今日子は「医師に異常なしと言われた」と言ってバスに乗りますが、唯織は走ってバスを追いかけながらも検査を受けるよう叫びました。

唯織は杏に、今日子の超音波検査をさせて欲しいと訴えますが、杏は「病院のルールに従ってください」と突っぱねます。日本人女性は約半数がデンスブレスト。すべての女性が超音波検査に訪れたら、病院は大変なことになる。重篤な患者が後回しになる可能性もある、と。

放射線科では、裕乃が一人残って検査の練習をしていました。そこにたまきが現れ、「本物で練習してみる?」と声をかけます。

式場を選んでいる今日子と婚約者。雑誌編集者である今日子が過去に担当した記事を見て、「この教会で式を挙げよう」と言う婚約者。一見幸せそうな2人ですが、「(マンモ検査で)異常がなくて良かったね」という婚約者の言葉に、今日子は心から頷けないでいました。

裕乃は、検査の練習に付き合ってくれたたまきが、自分の胸の画像を削除していることに気が付きます。気になって復元すると、本で見た病変と同じものがたまきの胸に。画像をのぞき込んだ技師長の小野田(遠藤憲一)は、「すぐに超音波検査したほうが良い」と言います。

翌日、唯織は今日子に呼び出されます。デンプレストについて自分で調べた今日子は、「デンプレストの場合マンモでは正確な結果がわからない」ことを知らされなかったことを怒っていました。母を乳がんで亡くした今日子は毎年欠かさず検査を受けてきたのに、すべてムダだったと。

唯織は今日子の怒りを受け止めつつ、「最後に自分の命を守れるのは自分だけなんです」と頭を下げ、超音波検査を受けるように説得します。杏は密かにその様子を見ていました。
一人でマンモの画像を見ているたまき。小野田はここでも画像を覗き、誰のものかを問います。「友達の」というたまきに、小野田は「友達に言ってやれ。今すぐ超音波検査を受けろって」と言いました。小野田は、「友達」がたまき本人であると、感づいていました。

今日子は超音波検査を受けましたが、これも異常なし。唯織は造影剤を使ったMRI検査を医師に提案します。医師は相手にしませんが、杏も唯織と一緒になって頭を下げました。「一人の女性の命がかかってるんです。2度と曖昧なレポートは書きたくありません」

裕乃はたまきにもう一度マンモをやらせて欲しいと頼みます。たまきは「10万円払え」と言っていたのですが、裕乃は「払うから撮らせて欲しい」と。小野田も裕乃に味方しました。

今日子とたまきの検査は同時刻に行われました。
今日子はMRI検査、たまきは超音波検査です。

検査の結果、今日子の胸にはクモの巣状の乳がんが見つかります。
一方、たまきの胸に見えた腫瘍は良性で、乳がんではありませんでした。

医師は今日子に「右胸の全摘をすれば命に別状はない」と言います。ショックを受ける今日子に、杏と唯織が頭を下げに来ます。今日子はお礼を言いつつも、「彼に何て言えばいいんでしょうか」、「私なんか申し訳なくて」と張り詰めた表情。

そこに「何が申し訳ないんですか?」と言いつつ現れたのはたまきでした。

「乳がんは今や11人に1人がなる病気です。でも、お互いに結婚したいと思えるほどの人に出会えるなんて奇跡に近い」、「生きるために決断したあなたを心から尊敬しています」と、今日子を力強く励ましました。

婚約者に乳がんと、右胸を全摘しなければならないと伝える今日子。
婚約者は「見た目が変わるのなんてお互い様だよ」と言い、2人は手を取り合って病院を出て行きました。

後日、医院長の大森(和久井映見)とお茶の飲む唯織。
「あなたの言うとおりかもね。足りないところを補って支え合うことできっと救える命がある」

今日子は編集者として、デンスブレストとマンモグラフィについての記事を書きました。
唯織は今日子の記事が載った雑誌を持って杏に見せます。

杏は一瞬嬉しそうな顔をするものの、「あなたには負けませんから」といつもの口調に戻ります。

ラジエーションハウス3話はここで終わっています。

「ラジエーションハウス」3話の感想・見どころ

マンモグラフィを題材とした3話のラジエーションハウス。私はラジハを見るまで、乳がん検査と言えばマンモグラフィだと思っていました。

今回、ドラマではデンプレストについて告知、説明しない病院の在り方に疑問を投げかけていましたが、たしかに、病院って病気について自分から積極的に聞かないと教えてもらえないところも多いかもしれません。

誰しもが患者になり得るのだから、自分から知ろうとしないといけないんだな、と感じました。健康についての意識が高まった回で、見てよかったと思いました。

それにしても。たまきがキレイすぎます!!超音波検査を受けるときのたまき、山口紗弥加さんの顔がツルツルピカピカで、「カップラーメンだけ食べてたらこんな肌はぜっったいあり得ない」と思ってしまいました。山口紗弥加さんは今年2019年で39歳。39歳の肌?嘘でしょ?ってくらいキレイです。

インスタ画像とか加工の多い写真ではなく、「ドラマでこれかよ」ってレベルの神肌してます。必見です。

「ラジエーションハウス」3話 みんなの感想は?SNSの声をピックアップ!

SNSでは、複数回の乳がん検診をドラマ内で薦めたラジハに好意的な声が多数でした。
スタンダードを変えていける時代ですから、病院の在り方や個人の意識を変えていきたいですね。

「ラジエーションハウス」3話の視聴率と見逃し配信

「ラジエーションハウス」3話の視聴率は11.5%でした。

1話が12.7%、2話が12.3%でしたので、やや落ちたものの誤差の範囲内といった感じです。

「ラジエーションハウス」3話を見たい人FODプレミアムで

「ラジエーションハウス」は放送から一週間「TVer」で見逃し配信されています。
しかし、一週間を過ぎてしまうと見れなくなってしまい、最新話以外の回は見られません。
そこでおすすめなのがFODプレミアムです。

FODプレミアムはフジテレビ系列のドラマが一気見できるVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスで、月額888円(税別)です。一ヶ月の無料期間があるので、入ってからあまり使わなかった場合でも期間内に退会すればお金は一切かかりません。

月9ドラマである「ラジエーションハウス」は、流れや演出にフジテレビドラマの傾向、「あるある」が詰まっています。ラジハの雰囲気が好きな人は他のフジテレビドラマも楽しめること間違いなし!

FODプレミアム

「ラジエーションハウス」3話のまとめ

今回のラジハは山口紗弥加さん演じる黒羽たまきが中心となった回でした。

思い悩むたまきに、健康意識が高まった女性は多いのではないでしょうか。
次回のラジエーションハウス4話は、新人放射線技師・裕乃がメインとなりそう。

裕乃の過去と成長を描いたストーリーとなっています。お楽しみに。