わたし、定時で帰ります。

「わたし、定時で帰ります。」5話のネタバレあらすじ&感想。笑ってるからセクハラOKなワケない!

TBS系列火曜21時〜放送中の「わたし、定時で帰ります。」第5話のネタバレあらすじと感想をまとめます。

毎日定時帰りする東山結衣(吉高由里子)ですが、周囲には困った人たちが大量発生。
人を放っておけない性格の結衣がドラマ5話で助けるのは、取引先にセクハラを受ける派遣デザイナーの桜宮彩奈(清水くるみ)。
自ら飲み会に行ったり、誤解されそうな態度をとる桜宮とセクハラクライアント…一筋縄では解決できなそう!

「わたし、定時で帰ります。」第5話を徹底的に解説していきます!

「わたし、定時で帰ります。」5話の概要・ネタバレあらすじ

「わたし、定時で帰ります。」第5話は、結衣(吉高由里子)と巧(中丸雄一)が結衣の実家を訪れるシーンから始まります。

母お手製のご馳走が並んだテーブル。巧は結衣の母から、タコの炊き込みご飯を勧められますが、箸を付けられません。実は、巧はシュノーケリング中にタコに吸い付かれたことがトラウマでした。

巧が帰ると父は「晃太郎君は全部食べてくれたなぁ」、「ゴルフも付き合ってくれた」とこぼします。
仕事人間だった父は元婚約者で仕事人間の種田(向井理)に肩入れしていました。

次の日結衣が出勤すると、種田が運用部から人たちからお礼を言われています。日曜の夜にクライアントのサーバーがダウンし、たまたま会社にいた種田が助けたそうです。

コーヒーを入れる種田に話しかける結衣。話題は、最近人が変わったように仕事に向き合う吾妻(柄本時生)の話に。種田は話しの中でつい「結衣」と名前で呼びます。「東山さんでお願いします」とすかさず言った結衣と、見透かしていたかのように声を合わせる種田。

ランダースポーツの打ち合わせに訪れた結衣、来栖(泉澤祐希)、吾妻、桜宮(清水くるみ)。
ランダー側は部長が案件から外れ、若手の草加が加わっていました。

「ピンとこない」というクライアントに困る結衣たちですが、「私もちょっとイメージちがうかなって」と桜宮が言い出します。さらに、「明後日までに再提出」という無茶ぶりにも勝手にOKしてしまいます。

商談後、やけにクライアントと仲良く話す桜宮。結衣は何かを考えている顔です。
会社に戻ると、部長の福永が「絶対に先方を怒らせないで」とみんなにプレッシャーをかけました。

上海飯店ではセクハラの話題に。年配の常連たちは「何がセクハラかわからない」と愚痴りあっています。

翌日、桜宮が結衣にデザイン案を出してきます。
「もうできたの?」と言う結衣に、「昨日、(ランダーの)中西と大石と飲みに行ったんです」と言う桜宮。
2時まで飲んだという桜宮は、先方の意向を聞けたと明るく言います。

結衣、八重(内田有紀)、三谷(シシド・カフカ)、来栖でランチ中、ここでもセクハラとパワハラの話題に。ボーダーラインについて話し合っていると、種田から「今話せるか?」とラインが入りました。

種田と結衣はランダーへ行くことに。種田は「打ち合わせ明日じゃないですか」と言う桜宮を制して、結衣とともに出ていきました。

新しいデザイン案を気に入った中西(大澄賢也)は退席しようとしますが、種田は「今朝、匿名の男性から電話があり、弊社の女性にセクハラをしているという訴えでして…」と切り出します。

セクハラなんてとんでもないといった様子の中西と大石(石黒英雄)。
「話をしたいと行って来たのは桜宮さんです」と、飲み会中の動画を見せてきます。
異様に盛り上がっている飲み会では、ふざけて中西に触る桜宮が。

ランダーからの帰り道、結衣は怒りを隠せません。種田が野球をやっていたことで、「種田さんもあっち側の人ですよね」と言ってしまいます。

翌日、結衣は一人でいる桜宮に声をかけました。「中西さんたちとよく飲みにいくんだよね」、「ほんとにあれが楽しい?」と問います。桜宮は、「自分が損になることはしない」、「東山さんと同じで効率よく仕事がしたい」と答えます。さらに、「人にはそれぞれの働き方がある、東山さんならわかってくれますよね?」と言い、去ってしまいます。

福永と種田、桜宮でのランチ。福永はさりげなく、桜宮をランダーの飲み会に連れて行ったことを種田に話してきます。福永は、種田が席を外すした隙に「プライベートでランダーの人たちと会うのもいい」と言います。桜宮は苦笑いしながら笑っていました。

次の日、同じタイミングで会社を出る吾妻と桜宮。吾妻が以前桜宮と行ったコーヒー専門店に誘ったとき、桜宮に電話が入りました。ランダーの中西からランニングに誘われたとのこと。

競技場で、桜宮を「あやな」と名前で呼ぶ中西。「モニターの子が来れなくなった」と、露出度の高いウェアを着るように迫ってきます。「無理にとは言わないけど」と言いながらも、断れない雰囲気です。

そのころ、結衣と巧は食事に行くところでした。「ほんとは桜宮さんも仕事定時で終わらせて帰りたいんですって言ってたよ」という巧に、考え込む結衣。

翌日、結衣は吾妻からランチに誘われます。吾妻は結衣を公園に連れて行くと、ランダーの草加が待っていました。草加がタブレットで見せてきた動画には、露出度の高いウェアを着て走る桜宮の姿が。なぜ止めなかったのか問うと、スポーツの実績がない草加は社内での発言権がないと言います。

結衣は、「こんなの理不尽すぎる。人をばかにしすぎです」と怒ります。

桜宮と2人で話す結衣。「ランダーがOK出してくれるまでの我慢」だと言う桜宮に、結衣は「桜宮さん1人が我慢することじゃない」、「桜宮さんのこと商談相手として見てないよね」と言います。桜宮は「ちょっと調子に乗り過ぎましたかね私」と言って仕事に戻ってしまいました。

結衣が福永と種田に例の動画を見せると、福永は「ここは穏便にいこう」と波風を立てたくない様子。種田は、「この件は俺に預からせて欲しい」と言います。

怒りの収まらない結衣は愁(桜田通)にランダーのセクハラ、パワハラについて調べるようラインで頼み、「殴り込み上等」と言いながらランダーの打ち合わせに向かいました。

打ち合わせ中、結衣が「うちのチームのメンバーにセクハラ、あるいはパワハラをしないでください」、「桜宮だけでなく、男でも女でも誰に対しても」と言うと、中西は机を叩き「口の聞き方に気を付けろ」と恫喝。

そこにやってきた種田。種田は「部下が失礼を申し上げました」と詫びつつ着席します。PCを開けると、そこには「そのまま、続行」、「先方を怒らせていいから、言いたいことは俺に」という付箋が。

結衣は訳がわからないながらも、ランダーのパワハラ体質を種田に訴えました。ヒートアップする結衣に「お前は何もわかってない」と怒鳴る中西。そして、「この案件は(競合会社の)ベーシックオンにまかせる」と言います。

すると種田はあっさり了承し、ランダーを出て行ってしまいました。
追いかけた結衣と来栖が種田に行動の真意を問います。

種田は制作本部長にランダーが困ったクライアントだと話していました。そこで差別的なキャッチコピーを採用して炎上騒ぎを起こす、パワハラ体質、業績不振などの要素から、付き合いを控えた方が良いと判断されます。しかし、契約をネットヒーローズから打ち切ることはできません。そこで、ランダーから切られるようにしろという指示が出ていたのです。

結衣が「肝心なこと何にも言わないクセ良くないです」と言うと、種田は「言わない方がうまくいくこともあるんだよ」と答えます。結衣はお礼を言い、「野球やってたからって一緒くたにしてごめん」と謝りました。

数日後、結衣は週刊誌にランダーの記事が載っていることを知ります。元社員がパワハラが横行している事実を告発したのです。社員はどうやら草加のようでした。

屋上で話す結衣と桜宮。結衣が「せっかく頑張ってくれたのに、こんなことになっちゃって」と言うと、「私程度のウデじゃ、デザインより人付き合いで仕事とるしかないと思って」、「でも、ウェア着ろって言われたときは、流石に情けなかったです」と桜宮。

桜宮は毅然と話していましたが、徐々に涙が溢れてきます。結衣は、「桜宮さんウデあるよ」、「だから、自分を大切に仕事しよう」と声をかけました。

上海飯店でビールを飲む結衣に愁からライン。愁が情報を送る前に週刊誌に載ったため、「間に合わなくてすみません」と詫びていました。愁はと言うと、自宅で履歴書を見つめています。

後日、ランダーの契約がなくなったことでネットヒーローズを去る桜宮。友人たちと一緒にデザイン会社を立ち上げるそうです。

桜宮は結衣にお礼を言い、吾妻のもとへ。
「私もいつか吾妻さんみたいに素敵なサイトを作りたいです」と言う桜宮に、
吾妻は「桜宮さんだったらできると思うよ」と返しました。

18時になり退社しようとする結衣。
追いかけてきた八重に、「種田が独立する」と聞かされ…

「わたし、定時で帰ります。」5話のネタバレあらすじは以上です。

「わたし、定時で帰ります。」5話の感想・見どころ

お尻を触るとか、わかりやすいセクハラを取りあげるドラマは多かったと思うんですけど、今回のわた定は「される側」が「嫌がってなさそう」な、一見わかりにくいセクハラを描いていました。

自分の仕事に自信が持てず女性の部分を仕事に持ち込んだ結果、付け込まれてしまうんです。こうしたケースはわかりやすいセクハラよりも実は多いですよね。桜宮が言っていたように、それで上手くいってしまうことが多いから。

「どこからがセクハラ?パワハラ」なんておどけていてはもうダメなんです。ハラスメントとは「自分より立場の弱い者に対して嫌がらせや不快にさせる行為を行うこと」ですから、自分の立ち位置を自覚しておきたいですね。立ち位置なんて言うとマウンティング感がありますが…

私は女性ですが、男性に対して自分が気づかないうちにセクハラしてしまうかもしれないし、女性同士だってそう。気を付けないと。

さて!今回の裏見どころは種田の活躍とランダーの大石です。
種田は会社の体裁を守りつつランダーに一矢報います。かっこよかったね。大人の戦い方をしていました。

そして大石。大石役の石黒英雄さんは、「ウルトラマンオーブ」の中の人なんです。
オーブではクールでカッコイイ役だったので、腰巾着マッチョになっててショック。でも、変わり身のすごさに役者魂を感じますよ。興味を持った方はウルトラマンオーブを見てみてください。

「わたし、定時で帰ります。」SNSでのみんなの声は?

セクハラについて、「あるある」と言った声が多く聞かれました。
中丸さん&向井さんへの注目度も高まっています!

「わたし、定時で帰ります。」5話の視聴率と見逃し配信

「わたし、定時で帰ります。5話までの視聴率は下記のとおりです。

  • 1話 9.5%
  • 2話 10.4%
  • 3話 6.5%
  • 4話 8.4%
  • 5話 9.8%

4話から上がって来てますね!6話ではいっきに二桁に突入するかも?

「わたし、定時で帰ります。」ネタバレ後も5話を見たい人は

「わたし、定時で帰ります。」は放送から一週間、「Tver(ティーバー)」、「TBSFREE」、「Paravi」で見逃し配信されています。見逃してしまった方はお早めに!

一週間以内なら3つのうちどれかで見逃し配信を見れば良いのですが、もし一週間を過ぎてしまったら「Paravi」の一択!
全話配信されているので一気見もできます。

Paraviは最新話無料、月額925円(税別)のVODサービスで、一ヶ月の無料期間があるのが嬉しいポイントです。「わたし、定時で帰ります。」以外の人気ドラマや映画、アニメも多数見られますよ。

▶Paraviの無料登録はこちらから

「わたし、定時で帰ります。」5話のまとめ

今回は、セクハラと闘う結衣たちがかっこよかった回でした。
次回の「わたし、定時で帰ります。」6話は5月14日(火)22時~です。


種田が独立?いなくなってしまうのか?さらに巧と種田がバトル?波乱になりそうな6話、気になりますね!